放課後等デイサービス オレンジスクール 青葉台教室

横浜市青葉区青葉台にある放課後等デイサービスの【オレンジスクール】青葉台教室は、発達障害・学習障害(LD)・注意欠陥多動性障害(ADHD)・自閉症・アスペルガー症候群・不登校のお子さま一人ひとりに寄り添った教育・指導を行っています。

【 教育×療育 】 放課後等デイサービス オレンジスクール 青葉台教室 「お正月遊び」

こんにちは。

オレンジスクール青葉台教室の小笠原です。

新年のご挨拶が遅れましたが、今年も昨年に引き続きよろしくお願いいたします。

 

今回は新年を迎えたこともあり、青葉台教室で子どもたちが体験した【お正月遊び】について紹介します。

 

子どもたちが体験した遊びは、【福笑い】と【羽根つき】です!
どちらの道具も職員お手製のもので、去年に引き続き今年も大活躍してくれました!

 

【福笑い】では、顔のパーツがないおかめやひょっとこを見て「なにこれ!?」という声がちらほら。どうやら、【福笑い】をしたことがない子どももいるようで・・・。

ひょっとこの口のパーツを見て、「たこ・・・?」と言う子どももいました。

 

【福笑い】初体験の子どもたちのために、「目隠しをして目や口を並べるゲームだよ。」と遊びの説明をすると、「早くやりたい!」という声や、「何も見えないのにできるわけない!」という声も。

確かに、指先の感覚だけで持っているパーツが顔のどのパーツなのかを判断するのは至難の業です。しかし、指先を使うトレーニングとして子どもたちには頑張ってもらいました。

 

まずは職員がお手本となるパーツの位置を示します。

f:id:orangeschool_aobadai:20180129111209j:plain

 

次に子どもたちに並べてもらうと・・・。

f:id:orangeschool_aobadai:20180129111233j:plain

微妙に惜しいところが何か所か!でも、子どもたちがこう並べたくなる気持ちも分かります。

 

他にも、眉のパーツが口になったり、鼻が上下逆になったり、中にはパーツが裏表逆になってしまうこともありましたが、回数を重ねていくことで指先でパーツの形を覚えることができ、最後には綺麗なおかめやひょっとこを作ることができました♪

 

もう一つの【羽根つき】は羽子板をそれぞれ一枚ずつ持ち、二人が向かい合って羽根を打ち合う遊びです。

羽根つきでは、羽根を打ち損じた方の顔に墨を塗るという罰ゲームがありますが、今回は罰ゲームはなしで行いました!

 

ちなみに、こちらが職員お手製の羽子板です!

f:id:orangeschool_aobadai:20180129111300j:plain

去年から使っているものなので、少し剥げた持ち手の部分がこれまでの試合の激しさを物語っているようです・・・!

 

そして今年も羽根つきでは白熱した戦いが行われました。今回は羽根をスポンジボールで代用し、物を狙って打つことが苦手な子でも楽しく遊べるように工夫しています。

その結果、試合は大盛り上がり!

子どもたちは汗を流しながらも、キラキラと眩しい笑顔を見せてくれました。

 

今回のように季節の行事を大切にしていきながら、今年も支援をして参ります。

 

+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*

お子さまの学校生活において、気になる点や学習における不安な点はございませんか?
些細なことでもかまいません。まずはお問合せください。

TEL 045-981-7388

お問い合わせ | オレンジスクール

【 教育×療育 】 放課後等デイサービス オレンジスクール 青葉台教室 「かたろーぐ」

こんにちは。

オレンジスクール青葉台教室の小川です。

 

今日は療育で行っている「かたろーぐ」についてご紹介いたします。

f:id:orangeschool_aobadai:20171218150737j:plain

かたろーぐとは、カタログや雑誌などの写真をつかって、相手の「好き」な順番をランキングしてもらい、相手の好みを予想して遊ぶゲームです。

遊び方について説明します。

今回はA君の好きな食べ物のランキングをみんなで当てます。

まず、皆でカタログの中に描かれてある食べ物の上に、マークの書いてあるコマを7個置きます。

 

そしてA君が皆が選んだ食べ物の中から好きな順番を心の中で決め、同じマークが書いてあるカードを1位から7位まで裏返して順番に置いていきます。

そしてA君のランキングを当てるために他のお友達が質問をします。

例えば「1番目に好きな食べ物は甘いですか?」や、「1番目に好きな食べ物はどこで食べますか?」等です。

質問する側はランキングを当てるために相手にどんな質問をすればいいのかを考えたり、答える側も話を聞く力が身につきます。

 

オレンジスクール青葉台教室では「好きな食べ物」や「好きなおもちゃ」のカタログが特に好評です。

「この食べ物が好きな理由はね、、、」など話の輪が広がっていき、たくさんのお友達と話すきっかけづくりになっています。

また、かたろーぐを行う事で、相手のことを知ろうと思う力が高まり、以前よりもお友達同士のコミュニケーションが増えました。

今後も子供たち同士で楽しく会話できるように支援をさせていただきます。

 

来年もより良い支援を目指していきますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

それでは、良いお年をお過ごしください。

 

 

 

+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*

お子さまの学校生活において、気になる点や学習における不安な点はございませんか?
些細なことでもかまいません。まずはお問合せください。

TEL 045-981-7388

お問い合わせ | オレンジスクール

【 療育×教育 】 放課後等デイサービス オレンジスクール 青葉台教室 「【楽しい学習】のための環境づくり」

 

こんにちは。
オレンジスクール青葉台教室の小笠原です。

 

朝夕冷え込む季節になりました。みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

 

突然ですが、子どもが長い時間椅子に座り続けることが難しい・・・というお悩みを抱えたご家庭は多いのではないでしょうか。

椅子に座るのが苦手な子どもたち。そこにさらに学習がプラスされると、椅子に座ることだけではなく学習をすることも苦手になってしまいます。

 

しかし、【『楽しいこと/興味のあること』だと、長い時間椅子に座っていることができる】というお子様も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、学習が『楽しいこと/興味のあること』になるための導入として、青葉台教室で使用している【大きい数の数え方】の学習教材を紹介したいと思います。

 

大きい数の数え方(1~1兆の数)

 

f:id:orangeschool_aobadai:20171128140010j:plain

 

まずは、1~1兆まで書かれた表を用意します。

そして子どもたちに、「今日はホワイトボードを使ってゲームをするよ!」と声をかけます!
「大きい数のお勉強だよ!」と声をかけると、「え~!」「やだ~!」という声が出てきてしまうので・・・(^^;)
ですが、「ゲームだよ!」と声をかけることで、「やった~!」「何やるの~?」と子どもたちは興味津々に尋ねてくれます。

 

次に、一人ひとりに数字の担当を割り振ります。

準備ができたら、ゲームスタートです!

 

f:id:orangeschool_aobadai:20171128140019j:plain

 

職員が「まずは1を3つ並べます。」と声をかけ、1を担当している子どもは1のカードを3つ並べます。その後は10を5枚、100を2枚、1000を4枚・・・と順番に声をかけていきます。
この時、カードを並べるのが苦手な子や数字がまだ難しいお友達には、他のお友達が協力してカードを並べるお手伝いをします。

 

f:id:orangeschool_aobadai:20171129112306j:plain

 

そして1~1兆までのカードを並べることができたら、次は子どもたちに、「それでは、それぞれのカードは何枚あるかを数えて、下に白い数字のカードを並べていきましょう。」と声をかけます。
すると、一人の子が「1は3つあるよ!」と声をかけ、もう一人の子が「じゃあ、『3』のカードだね。」とカードを並べていきます。

お友達とコミュニケーションを取りながら数字を作ることで、ついに大きい数字の完成です。

 

f:id:orangeschool_aobadai:20171129112327j:plain

 

「それじゃあ、みんなで声に出して読んでみましょう!」
「六兆一千七百六十二億四千八百五十三万四千二百五十三!」

もちろん、スラスラと読む子もいれば、ゆっくりと数字を読む子もおり、まだ大きい数を習っていない子はお友達が言っている数字を聞きながら一生懸命読んでいます。

 

このとき大事なポイントとなるのが、【間違えてもいい/読めなくてもいい】ということです。

 

あくまでこれは勝ち負けのないゲームであり、『大きい数』に親しみを持つことの導入部分にしかすぎません。

読むのを間違えてしまった、読めなかったからと言って誰かに怒られる、指摘されることは一切ありません。

 

それよりも、子どもたちが『数がたくさんあるのって楽しい!』『数字って色々な種類があるんだ!』『数字を並べることができた!』と思ってくれることが大事です。

そのとき感じた感情をゲームの次には学習に生かし、学習の中で『楽しい』という感情が増えていくことで子どもたちは椅子に長い時間座ることができます。

オレンジスクール青葉台教室では、一つひとつの環境づくりを大切にしています。

 

 

+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*

お子さまの学校生活において、気になる点や学習における不安な点はございませんか?
些細なことでもかまいません。まずはお問合せください。

TEL 045-981-7388

お問い合わせ | オレンジスクール

【 療育×教育 】 放課後等デイサービス オレンジスクール 青葉台教室 「ちぎり絵 第二弾」

 

こんにちは。
オレンジスクール青葉台教室の小笠原です。

気温の寒暖差が激しく、体調を崩しやすい季節になりました。
青葉台教室でもマスクをつけた児童がちらほら見られるようになりましたが、みんな予防をしているおかげで元気な姿で登校しています。

そんな中、児童たちと一緒に9月の終わりからいそいそと準備をしていたものがついに完成しました!

 

f:id:orangeschool_aobadai:20171026112915j:plain

 

10月と言えばハロウィンということで、教室用カレンダーをちぎり絵で仕上げてみました♪

夏休み期間にちぎり絵に参加した児童が何人かいましたが、今回は全員参加の超大作となっています。
児童たちがそれぞれ担当する場所を決め、とても綺麗に仕上げてくれました。

制作期間中は夏休みにちぎり絵をした児童たちがお手本となり、初めて取り組む児童にやり方を教える姿が何度も見られました。
職員が説明を行うよりも、お友達同士で教え合うことでコミュニケーション取る機会が増えるのは何よりも望ましいことです。

今後も、児童たちが楽しくコミュニケーションを取ることができるように支援を続けたい。そう願ってやまない職員一同なのでした。

 

 

追記

 

f:id:orangeschool_aobadai:20171026111901j:plain

 

職員は切り絵を頑張りました♪

 

【 療育×教育 】 放課後等デイサービス オレンジスクール 青葉台教室 「可能性」

 

こんにちは。

オレンジスクール青葉台教室の東(あずま)です。

 

夏休みも終わり、楽しい思い出とともに新学期を迎えている青葉台教室の児童たちに向けて、ビー玉迷路のNEW VERSIONが届きました。(もちろん、手作りです!)

 

f:id:orangeschool_aobadai:20170911143521j:plain

 

この迷路は右側にあるバーを持ち、左右に傾けることでビー玉をゴールに導くボードゲームとなっているため「片手(右手)のみ使用する」「持ち上げてはいけない」「ゴールじゃない部分に落ちたら、初めからやり直し」というルールがあります。

 

f:id:orangeschool_aobadai:20170911143532j:plain

f:id:orangeschool_aobadai:20170911143537j:plain




初めは「難しい!」「ゴールできないよ~」と弱気になっていたり、つい持ち上げてしまいビー玉がボード外にこぼれてしまったりと上手にできる児童はいませんでした。

しかし、最近では、ルールを守った自分達なりの方法を考えだし、私たちの想定外のルートでゴールできる児童も出てきました。

 

どのルートが通れるか、力加減はどの程度かなどを自分自身で見つけることにより、思考力や観察力・集中力を身につけていくことができます。

私たちが想像もしなかったルートでゴールする児童を見ていると『まだまだ、出来ることが増えていくね』と嬉しくなってしまう毎日です。

 

+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*

お子さまの学校生活において、気になる点や学習における不安な点はございませんか?
些細なことでもかまいません。まずはお問合せください。

TEL 045-981-7388

お問い合わせ | オレンジスクール

【 療育×教育 】 放課後等デイサービス オレンジスクール 青葉台教室 「ちぎり絵」

こんにちは。
オレンジスクール青葉台教室の小笠原です。

今日は、夏休み期間だったときの子どもたちの様子をお伝えしたいと思います。

夏休みの期間中は長い時間をオレンジスクールで過ごす子どもたちが多かったため、普段では出来ない事にチャレンジをしてもらおうと思い、ちぎり絵の制作に取り組みました。

 

f:id:orangeschool_aobadai:20170830151735j:plain


「ちぎり絵ってなに!?」「どうやるの?」と取り組む前から興味津々で盛り上がっていた子どもたち。
ですが、取り組み始めるとさっきまで質問を繰り広げていた子どもたちが嘘のように静かになりました。

普段はお喋りが大好きな子や、長い時間椅子に座っていることが苦手な子も集中して取り組む姿に、思わず感動してしまいました!
「集中することが苦手…。」という子も、この時間は目覚ましい集中力を発揮してくれました。

今後も、子どもたちの成長の糧になるような楽しいイベントを企画していきたいと思います♪

 

 

+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*

お子さまの学校生活において、気になる点や学習における不安な点はございませんか?
些細なことでもかまいません。まずはお問合せください。

TEL 045-981-7388

お問い合わせ | オレンジスクール

【 療育×教育 】 放課後等デイサービス オレンジスクール 青葉台教室 「七夕の飾り」

こんにちは。
オレンジスクール青葉台教室の小笠原です。

7月に入り初夏の日差しが眩しく、暑い日々も続いております。夏バテや熱中症の対策に乗り出しているご家庭も多いのではないでしょうか。
そうした日々が続く中でも、オレンジスクールでは元気いっぱいの笑顔を児童たちは見せてくれています。

7月7日は一年の重要な節句をあらわす五節句の一つ、「七夕」の日ですね。
青葉台教室では、この日のために笹を用意し、短冊に児童たちそれぞれの願い事を書いてもらいました。

 

f:id:orangeschool_aobadai:20170707100219j:plain

 

将来の夢や欲しいもの、また家族の幸せを願う短冊もあり、これまで知ることのできなかった児童たちの新たな一面を知る機会となりました。

また、飾りつけを作った際には、はさみを使うのが苦手な児童も切り方を工夫しながら、綺麗な「吹き流し」や「天の川」を作ってくれました。

このように、楽しいイベントの中で苦手なことにチャレンジし、成功体験を積み重ねることにより自信に繋がっていきます。

今後も、こうした楽しいイベントを活かしながら、児童たちが苦手なことにチャレンジし、「できること」が一つでも多くなるような支援をしていきたいと思います。

 

 

+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*

お子さまの学校生活において、気になる点や学習における不安な点はございませんか?
些細なことでもかまいません。まずはお問合せください。

TEL 045-981-7388

お問い合わせ | オレンジスクール

【 療育×教育 】 放課後等デイサービス オレンジスクール 青葉台教室 「6月の青葉台教室から」

4月から新しく仲間になったお友達、初めは緊張のために笑顔がありませんでしたが、6月に入ってからは毎日たくさんの笑顔が溢れるようになりました。

集団療育の時間には上級生や中学生のお兄さんお姉さんと一緒に行動ができるようになり、学習の時間と読書の時間には静かに、真剣に机に向かう光景がとても微笑ましく感じられます。わずか1か月間で、もう『動と静』のメリハリと集団生活を感じてきたようです。

以前手作りした巨大迷路につづき、今回は木製スライドボードゲームを作りました。カラフルで可愛い野菜たちのイラストがついたボードゲームです。初めは皆戸惑っていますが、数枚のボードを動かすとすぐにその感覚をつかみ、一気にゴールにたどり着きます。ホントに素晴らしい感覚です。

考える力、先を読む力を身に付けていきます。小さい一歩からですがとても大きな一歩でもあります。私たちは日々活動の中でお子さんの考える事や欲する物事を感じ、それをうまく取り入れて成長の糧としていきます。

 

f:id:orangeschool_aobadai:20170609111044j:plain

f:id:orangeschool_aobadai:20170609111052j:plain

f:id:orangeschool_aobadai:20170609111058j:plain

 

+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*

お子さまの学校生活において、気になる点や学習における不安な点はございませんか?
些細なことでもかまいません。まずはお問合せください。

TEL 045-981-7388

お問い合わせ | オレンジスクール

【 学習×療育 オレンジスクール 青葉台教室 「得意な事」】

オレンジスクール青葉台教室の小川です。

 

あっという間に春休みが終わり、新年度を迎えた児童たちが元気いっぱいに当スクールに登校してくれています。

今年度も、児童が成長していく姿を見るのがとても楽しみな毎日になりそうです。

 

先日一人の児童が「練消しで作った。」と、練消しゴムで作った『あり』を見せてくれました。
とてもリアルで上手に作っていたので、思わず写真を撮ってしまいました。


一人ひとり、得意なことや苦手なことがあるのですが、得意な部分をどんどん引き出していけるような支援をしていきたいと思いました。

 

 

f:id:orangeschool_aobadai:20170408131625p:plain

 

 

+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*

お子さまの学校生活において、気になる点や学習における不安な点はございませんか?
些細なことでもかまいません。まずはお問合せください。

TEL 045-981-7388

お問い合わせ | オレンジスクール

【教育×療育】放課後等デイサービス オレンジスクール 青葉台教室 「 公園遊び 」

こんにちは。

オレンジスクール青葉台教室の東(あずま)です。

毎日たくさんの児童に囲まれて、楽しい時間を過ごしているうちに、ブログの更新がすっかり滞ってしまいました。

 

「もうすぐ春になる」という季節になると、温かくなるのは待ち遠しいのですが、ちょっと憂鬱なのが花粉症ですね。

当スクールの児童の中にもアレルギーに敏感な児童が数名いて、通学時にも大変な思いをしているようです。

それでも花粉症にも負けず、みんな元気に通ってきてくれるので私たちスタッフも嬉しく、楽しい毎日を送らせていただいています。

 

そんな毎日ですが、先日、暖かい日を選んでみんなで近所の公園に遊びに行ってきました。

スクールと公園の間にはバスが通る道もあるのですが、「横断歩道を渡る時にはきちんと手を挙げて、車が止まってくれるのを見てから渡り始める」というルールを全員がきちんと守り、安心・安全に行く事ができました。

公園は徒歩5分程度のところにある「第二公園」と呼ばれているところなのですが、公園に着くなり、ブランコ・滑り台・走る、と思い思いの行動に出ていました。

しかし、スタッフが外遊び用のボールを出すと、今までバラバラに遊んでいた児童が一斉に集まり、みんなで円になってキャッチボールを始めました。

 

「誰が誰に投げる」などルールは決めていませんでしたが、投げるのが上手な児童はキャッチすることが得意でない児童に優しく投げたり、強くしか投げられない児童は相手との距離を取って投げたりとみんなが楽しめるように、それぞれが工夫しているのがよくわかる光景でした。

 

出来ないことが多いと言われている発達障害を持つ児童たちですが、当スクールの児童はそれぞれが体験したことから、少しずつ色々な工夫を表現することができる、ということを改めて教えてくれた一日でした。

 

 

+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*

お子さまの学校生活において、気になる点や学習における不安な点はございませんか?
些細なことでもかまいません。まずはお問合せください。

TEL 045-981-7388

お問い合わせ | オレンジスクール