放課後等デイサービス オレンジスクール 青葉台教室

横浜市青葉区青葉台にある放課後等デイサービスの【オレンジスクール】青葉台教室は、発達障害・学習障害(LD)・注意欠陥多動性障害(ADHD)・自閉症・アスペルガー症候群・不登校のお子さま一人ひとりに寄り添った教育・指導を行っています。

【教育×療育】オレンジスクール 集中力が続かないお子さまについて 放課後等デイサービス 青葉台教室

こんにちは。
放課後等デイサービス オレンジスクール 青葉台教室の小川です。

 

今日は学校生活における学習態度の一つとして集中力についてお話させていただきます。集中力を身につける方法、集中力を発揮する方法はお子さま一人ひとり異なり、十人十色、百人百色となりますので、一つの方法として読んでいただければと思います。

 

<集中力が続かないお子さまへの勉強のさせ方>

  • 集中する時間を一緒に決め、その時間内のみ勉強します。集中して勉強する癖を身につけることを目的としています。時間は短くてかまいません。逆に欲張って時間を長く設定し、集中できない時間にダラダラ勉強するのは避けてください。ダラダラ勉強する癖が身についてしまいます。
  • お子さまが好きな教科を勉強した後に、学校の宿題や苦手な教科を勉強します。苦手な教科は、時間は短くてかまいません。好きな教科を勉強した余韻で、苦手な教科を勉強する感じです。少しずつ、その余韻を伸ばしていってください。
  • 年齢が低い子に限りますが「どっちが先にこの問題が解けるか勝負しよう」と競争しながら勉強するなど、ゲーム性を持たせて勉強するのも一つです。

 

<自己肯定感について>

集中力を発揮するにしても、まずは勉強する意欲・やる気を出してもらわないといけません。

自己肯定感という言葉をご存知ですか?自分が大切な存在であると肯定的に捉える感覚を「自己肯定感」といいます。お子さまが成長していく中で自己肯定感を育てていく事により、お子さまのチャレンジしようとする力やものごとに意欲的に取り組む姿勢が生まれます。

何か小さなことでも達成できたタイミングで褒めてあげることが大切です。

例えば、繰り上がりの足し算が苦手なお子さまが、その問題を解けたときに「すごいね」「よく頑張ったね」とその都度褒められると「できた」「頑張った」と思えるようになり、「じゃあ、もうちょっと頑張ろうかな」という気持ちになります。

反対に怒られたり自分の成功したことを評価されないと、ものごとに対する意欲が減ってしまい「また怒られるのかな?」「やってもやらなくても変わらないから」と苦手意識や無気力が高くなってしまう事があります。

 

オレンジスクールでは自己肯定感を大切にし、一つひとつの問題にていねいな説明を重ね、実践していく中で理解を深めていきます。また、その子に適した方法で勉強に取り組む(集中する)ことができるように指導しています。

 

+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*

お子さまの学校生活において、気になる点や学習における不安な点はございませんか?
些細なことでもかまいません。まずはお問合せください。

お問い合わせ | オレンジスクール

TEL 045-981-7388

+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*

 

【教育×療育】オレンジスクール ADHDとは 放課後等デイサービス 青葉台教室

こんにちは。
放課後等デイサービス オレンジスクール 青葉台教室の小川です。

 

今日は、ADHD(注意欠陥多動性障害)についてお話ししたいと思います。

授業中に集中することが苦手で、席に座っていられず立ち上がってしまうことや忘れ物が多くうっかりミスをしてしまうことはありませんか?

 

 ADHDには多動性、不注意、衝動性といった3つの主な特徴(症状)があります。

  • 多動性:授業中でも立ち歩いてしまう・気になることがあると、すぐにそちらに行ってしまう・座っていても、そわそわする 等
  • 不注意:必要なものをなくしてしまう・注意力が長続きせず、気が散りやすい・細やかなところまで注意を払えない・話を聞いていない 等
  • 衝動性:思いついたことをすぐに話してしまう・思いついたことをすぐに行動してしまう・順番を待つのが苦手・他の人の邪魔をしたり、さえぎって自分が行動する 等

このような症状が6か月以上継続して、保育所・幼稚園や学校、家庭などの2か所以上の環境で見られることがADHDの特性です。

そして、3つの症状すべてがあらわれるわけではなく、1つの症状が強く出ることや、いくつかの症状が同じくらいの割合で出る場合もあります。

 

ADHDというと悪く思われてしまう事もありますが、「ひらめき」は不注意によって生まれるものですし、衝動性はコントロールをすることにより「実行力」につながります。多動はスポーツ、多弁は話をする場で力を発揮することがあります。そして周りの困った子をすぐに見つけてあげることができるなど良い面につながる事も多いのです。

 

オレンジスクールでは、一人ひとりに役割を分担することにより、少しずつ衝動性をコントロールしていきます。

集中力が切れやすいお子様には、最初は短い時間を目標に設定しながら徐々に集中できる時間を伸ばしていくプログラムをご用意します。

他にもお子さま一人ひとりと向き合いながら成長できるよう、分かりやすい丁寧な説明を心がけています。

 

ADHDの原因はまだあきらかとなっておりませんが、脳の機能の障害だと言われています。目に見えるものではないからこそ、周りから誤解されやすく、お子さまも、ご家族も報われない気持ちになると思います。

 

オレンジスクールでは、どんなご相談も受け付けております。

 

+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*

お子さまのことで気になることや不安なことはございませんか?
些細なことでもかまいません。まずはお問合せください

お問い合わせ | オレンジスクール

+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*

 

【教育×療育】オレンジスクール 発達障害のお子さまへ 教材のご紹介1

こんにちは。
放課後等デイサービス オレンジスクール 青葉台教室の小川です。

発達障害には、自閉症や学習障害(LD)、注意欠陥多動性障害(ADHD)、アスペルガー症候群などがあります。その中でも一人ひとりの症状はさまざまです。
学校生活の中で「先生の話を最後まで聞くことが出来ない」「友だちの話を聞けずに自分の話をしてしまう」ということはありませんか?

今日はオレンジスクール 青葉台教室のソーシャルスキルトレーニング(SST)で使用している教材について、ご紹介したいと思います。
でも、SSTという言葉はなかなか聞き慣れない言葉ですよね。

まずSSTについて簡単にご説明いたします。

 

「ソーシャル」とは?

→「対人的なこと」や「人間関係に関すること」などの「人付き合い」の事です。

 

「スキル」とは?

→「知識」や「経験」による技術・技能。つまり「コツ」を意味しています。


小人数によるグループワークの中で、子ども達がお互いを意識し、助け合い、認め合うところから、時間をかけてスキルアップを図っていきます。

つまりソーシャルスキルトレーニング(SST)とは、『人付き合いのコツを身につけること』です。

 

今回はそのSSTのアンゲームという教材をご紹介します。

アンゲームを知っている方はいらっしゃいますか?


アンゲームというのは日本語だと「ゲームじゃないゲーム」という意味になります。それはなぜかというと、勝ち負けのあるゲームではないからです。

遊び方は、1枚ずつカードを引いていき「自分のいいところを3つあげてください」や「学校での楽しかったエピソードを聞かせてください」といった様々なお題に答えていきます。レベルがあがると大人でも考えてしまうようなお題もあり、ご家族でも楽しめるゲームになっています。

他の人が発言しているときには、ちゃんとその人の話を聞くことがルールとなっています。参加者全員の話に注意を集中させ、相手の話を聞きとる力をアップさせることを目的としています。そして他人を理解する力と相手を受け入れる寛容な心を培います。
発表する人は他の人がしっかり聞いてくれることにより、ありのままの自分を正直に出すことができます。

 

学校生活を楽しく笑顔で過ごすためには、学習・学力面や友達付き合いなども重要になりますよね。

アンゲームをすることで、人の話を聞く事や相手を受け入れることを学べ、学校生活における友達付き合いを良好にしていくとともに、学習・学力面でも授業中に先生の話を聞く力が身につきます。

 

  • 友だちの話、授業を聞く力を培う
  • 自分の意見や考えを相手に伝えられるようになる
  • 相手を受け入れる心を育てる
  • 全員に平等に話す機会を準備し、公平性を学ぶ
  • 集中を養う
  • etc

 

ただ、こういうSSTが苦手なお子さまもいらっしゃいます。

その場合は、そのお子さまにあった別の方法でコミュニケーション力を高めていきます。そのお話しは、また今度。

 

+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*

もしよろしければ、一度見学にいらっしゃいませんか?
些細なことでもかまいません。まずはお問合せください。

お問い合わせ | オレンジスクール

+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*

 

放課後等デイサービス オレンジスクール 青葉台教室 【教育×療育】

梅雨明けが待ち遠しい今日この頃、皆さんはいかがお過ごしですか?

はじめまして、青葉台駅徒歩3分の場所にオープンしました放課後等デイサービス オレンジスクール 青葉台教室の小川です。

オレンジスクールって何だろう?と思ってらっしゃる皆さまに、たくさんの事を知っていただきたくて、ペンを取りました。

今回は初回ということで、オレンジスクールについて簡単に紹介します。

オレンジスクールでは心身の成長に不安があり様々な悩みを持つ、自閉症、学習障害、ADHD(注意欠陥多動性障害)、アスペルガー症候群など発達障害がみられるお子さま(小学生~高校生)を対象に、放課後や夏休みなどの長期休暇中の居場所になると共に、社会性や学力を身につけられるよう、少人数制で、個々のお子さまに寄り添った、分かりやすい、ていねいな説明で教育、指導をいたします。また、お子さまをより知るためにはご家族とのコミュニケーションが最も重要になりますのでお子さまに関する日々の悩みやその日の出来事を共有しています。

 

オレンジスクールでは、「学習・勉強」「生活能力の向上」「社会性の基盤づくり」をもとに、一人ひとりのお子さまに合ったプログラムを提供しています。

 日常の中で学習面や対人関係、社会のルールなどを覚えないといけないことが多い中で、少しでもお子さまが笑顔で楽しく安心して過ごせるよう心がけております。

 

今後、随時オレンジスクール青葉台教室について詳しくお伝えしていきたいと思います。

 

最後に今週から行うイベントの紹介をさせてください。

+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*

~お子さまの授業態度や理解力における不安と悩みについて~

「発達障害&学習相談」 6月25日(土) / 7月9日(土), 30日(土)

 お子さまの授業態度や理解力における悩みや心配、学校や塾から指摘されたことについて不安なことはございませんか?

  • 集中力のON/OFFが激しい
  • じっと座っていることが苦手 集中力がない
  • 同世代より勉強がかなり遅れている すぐ忘れる
  • 変なこだわりがあり学習にも偏りが多い
  • 空気が読めない
  • 言葉を直接的に捉えて一喜一憂する
  • チックの症状がある

【時間帯】

  1. 10:30-12:00
  2. 12:30-14:00
  3. 14:30-16:00
  4. 16:30-18:00

となっておりますが、ご都合がつかないようでしたらお問い合わせください。

お問い合わせ | オレンジスクール

+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*

 普段の日常生活や学校生活のなかで、お子さまに関する気になることやお悩みなどがありましたら、この機会にご相談だけでもいらしてください。

相談会は無料になりますが、予約制となっております。

予約| オレンジスクール


心よりご参加お待ちしております。