読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

放課後等デイサービス オレンジスクール 青葉台教室

横浜市青葉区青葉台にある放課後等デイサービスの【オレンジスクール】青葉台教室は、発達障害・学習障害(LD)・注意欠陥多動性障害(ADHD)・自閉症・アスペルガー症候群・不登校のお子さま一人ひとりに寄り添った教育・指導を行っています。

【教育×療育】オレンジスクール 「読み・書き」が苦手なお子さまについて 放課後等デイサービス 青葉台教室

こんにちは。
放課後等デイサービス オレンジスクール 青葉台教室の小川です。

 

お子さまが、友だちと会話するときはスラスラと話すことが出来るのに、手紙を書くことや、教科書や本を読むことが不得意だったりしませんか?

学習障害(LD)の特性を持つお子さまの中には、「文字を書く・文字を読む・計算などの算数」が苦手なお子さまがいます。

今日はその中で、「文字を書く・文字を読む」についてお話しします。

 

【文字を書くことが苦手なお子さまの特徴】

  • 文字の大きさや形をバラバラに書いてしまう
    (枠をはみ出して書いてしまう)
  • 「れ」と「わ」、「め」と「ぬ」のように形が似ている字を間違える
  • 鏡文字を書く

また文字を書くには、音をひらがなやカタカタで表す力が必要になり、この力が不十分な場合があります。
そして、「自分が考えて書く力」と「音を聞いて書く力」に差があり、文字を書くことに支障をきたしている場合もあります。

 

【文字を読むことが苦手なお子さまの特徴】

  • 意味を区切って読むことが出来ない
  • 一文字ずつ読んでしまう
  • 何度も同じ部分を読んでしまう
  • 行を飛ばして読んでしまう

文字を読むには、読み取るという行為が大切です。
文字の一つひとつを音にするだけでなく、単語の意味や話の流れなどを読み取る力が必要なのです。

 

苦手なことや嫌いなことを少しでも好きになる方法の一つとして、「できた!」という達成感が重要です。
お子さまの「できる部分」を伸ばし、苦手な部分を相対的に減らしていくのです。

またオレンジスクールでは、読み書きをする上で、文字や単語を右脳でイメージとして捉えることできるようにすることが大事と考えており、FC速読という療育をおこなっています。

 次回は、この「速読」についてご紹介したいと思います。

 

f:id:orangeschool_aobadai:20160808174255j:plain

 

+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*

お子さまの学校生活において、気になる点や学習における不安な点はございませんか?
些細なことでもかまいません。まずはお問合せください。

TEL 045-981-7388

お問い合わせ | オレンジスクール

orangeschool.jp

+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*